男性に断られ易いデートの導き方

合コンで出会ったひと、職場や学校のひと、など”気になるあのひと”と「デートに行きたい!」と思いますよね。でも、女性からデートにいざなうのは気が引けちゃう・・・と、ずいぶんデートのお誘いができないあなたは、必見です。実は男性もお誘いを控えることが多いのです。だから勇気を出してデートのお誘いを通してみましょう。しかし、デートの導き方によっては断られることもあるでしょう。では、如何なる導きほうが断られ易いのでしょうか。

”相手の都合を考えない誘い方”は断られ易いだ。実に男性からは、「急に連絡してきて会いたいというときは参る。」という意見や、「〇日の△たまに会いに来てと急に言われても時間を空けられない。」といった意見があります。相手の都合を考えないのは、恋人どころか、友達としても嫌ですよね。
”暇だから”という導き方もよくない導き方だ。「暇だからという理由だと、暇つぶしに付き合わされている感じでお断り。」という意見が男性からあります。また、暇つぶしだからは、遊べればだれでも良いと言っているようなものです。これは小気味よい女にも見られがちなので、やめておきましょう。明確な目的を作ってデートにいざなうほうがGOODだ。
”ついで”で誘われるのも、誘わられる側において不快導き方ですよね。例えば、「午前に〇〇に行くから、ついでに午後から遊ばない?」や「時間が空いたから、〇〇にいきませんか?」などです。さりげなくいざなうのはいいのですが、さりげ無くしすぎて、”ついで感”が出てしまうと違和感だ。誰でも嬉しいという雰囲気を出さないように注意しましょう。

もし、これらのような”ありえない誘い方”ではなくても、断られてしまっても諦める必要はありません。騒がしくいざなうのではなく、次回に予報を残しておきましょう。例えば、「今度いけそうな日があったらそのとき行こう!」や「じゃあまた何かの機会にでも〜!」など、軽々しい感じで予報を残しておくのがおすすめです。そのまま都合が合わなかっただけなら、相手もあなたに誘いを通していただけるかもしれません。予報を残しておけば、相手もあなたを導き易いはずですしね。

でも断られることを策する前に、まずは、勇気をだしてデートのお誘いを通してみましょう。参照サイト